共済病院の看護師の志望動機

共済病院看護師転職TOP >> 共済病院の看護師の基礎 >> 共済病院の看護師の志望動機

共済病院の看護師の志望動機

共済病院の求人に応募する際、必ず志望動機を考えなければなりません。志望動機は面接でも必ず聞かれる質問の一つです。自分の熱意を相手に知ってもらうとともに、自分を雇うメリットについても相手に知らせるチャンスとなります。良い志望動機を語れるかどうかが合否を大きく左右するでしょう。では、共済病院の看護師の志望動機とはどういったものでしょうか。

まず共済病院に限らず病院側が求めているのは即戦力になる人材、すぐにやめてしまうのではなく辛抱強く勤務し続けることができる人材です。もちろん志望動機だけですべての能力や人柄がわかるわけではありませんが、どんな熱意を持っているのか、どんな目標を持っているのかは志望動機でおおよそ判断することができます。看護師側としてはいかに志望動機で相手の心をつかむかが重要になってくるのです。

ありがちな志望動機として「転職先の病院で勉強したい」というものがありますが、これは良い志望動機とは言えません。受け身な印象を与え即戦力して働いてくれるのだろうかという疑問を持たせることになるからです。もっと積極的に学ぶ意欲があるということをアピールする必要があります。

よく見られる別の志望動機は「医療理念に共感した」といったフレーズをそのまま使うというものです。面接官はこういった類の志望動機を非常にたくさん見てきているので、個性に乏しく浅い志望動機と判断されてしまいます。ネガティブなことはなるべく書かずに、積極的な印象を与える書き方を心がけましょう。

志望動機として適しているのは、自分が持っている長所を転職先でどのように生かすことができるのかというものです。面接官は他の応募者と比較しながら志望動機を見ています。ですから、他の人よりも自分を雇ったほうが、メリットが大きいということを納得してもらう必要があるのです。長期間働いて資格を取りたいとか、スキルアップを目指しているといった具体的で積極的な志望動機は、面接官の目に留まることでしょう。

もし履歴書に志望動機を書くのであれば、書き終えて安心しないようにしましょう。履歴書の志望動機は読まれることを前提に書くものです。誤字や脱字はもちろんのこと、文章として意味が通らないものは書類選考の時点で落とされる可能性があります。可能なら志望動機を清書する前に、別のノートに下書きをして十分に推敲した後、履歴書に書き写すようにしましょう。面接では丸暗記するのではなく、自分の言葉で志望動機を話せるように努力するとよいでしょう。

共済病院看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 共済病院看護師求人ランキング All Rights Reserved.