共済病院の麻酔科の看護師求人

共済病院看護師転職TOP >> 科別の共済病院の看護師求人 >> 共済病院の麻酔科の看護師求人

共済病院の麻酔科の看護師求人

看護師として共済病院に転職を考えている方であれば、もしかすると自分の看護師としてのスキルを磨きたいと願っているかもしれません。実際スキルアップは転職を希望する人の多くが、その理由として待遇の改善と共に挙げるものです。もし医療の最前線で働きたいと思っている看護師がいるなら、共済病院の麻酔科に転職するとよいかもしれません。

麻酔科は手術の際、患者が痛みを感じないように麻酔を投与するのが大きな仕事です。ただ、現在はがん患者などの痛みの緩和のために麻酔薬が使われる事もあり、そういった医療を担当する麻酔科医・看護師が増えてきています。

手術の際の麻酔科の看護師の役割は非常に重要です。実際に麻酔を投与するのは麻酔科医の仕事になりますが、麻酔を使用する前後の患者のケアは看護師の仕事になります。手術の前には患者のバイタルチェックや精神的な状態を見極め、麻酔が使用できる状態かどうかを観察します。手術中は患者の心電図や血圧、体温などを随時チェックして、患者に異変がないかを確認するのです。術後は麻酔がしっかりと切れたかどうか、後遺症などは残っていないかといった点を報告します。

麻酔科の看護師になるメリットとしては、特殊な知識や技術が身につくということが挙げられます。内科や外科などの診療科では麻酔を使うことはまずありません。どのように痛みの緩和をするのかという知識を得ることも難しいでしょう。しかし、麻酔科で働いていれば、麻酔薬がどんな効果を発揮するのか、どのくらいの時間で効果が表れるのかといった知識を得ることが可能です。こうした知識は、その後、他の診療科に異動しても役立つことが多く、重宝されることでしょう。

さらに、手術によってみるみる患者が回復していくのを見ると、やりがいを感じるという看護師も少なくありません。共済病院では、先進医療なども積極的に採用しているので、これから麻酔科の看護師がより必要とされるようになるかもしれません。

とはいえ、今のところ共済病院の麻酔科の看護師の求人は極めて少ないです。というのは麻酔科という診療科に看護師を置いている病院とそうでない病院があるからです。麻酔科に看護師がいない場合、手術室担当の看護師が兼務します。求人情報が出ることもまれで、よほど気長に求人情報をチェックしていなければ、見つけることはできないでしょう。もしかすると別の診療科で働いてみて、その後麻酔科への異動を願い出た方が早いかもしれません。

共済病院看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 共済病院看護師求人ランキング All Rights Reserved.